和菓子レポート 都道府県別まとめ


和菓子レポートを都道府県別にまとめています。
旅行先などで思い出していただければ幸いです。
◆は特にお奨めの和菓子です(2015/05/10更新)。


★愛知(1)

★秋田(1)

★石川(1)

★茨城(6)

★愛媛(8)

★大阪(1)

★沖縄(1)

★鹿児島県(1)

★神奈川(11)

★岐阜(1)

★京都(10)

★群馬(1)

★埼玉(28)

★佐賀(1)

★滋賀(4)

★静岡(3)

★千葉(9)

★東京(49)

★栃木(6)

★長崎(2)

★長野(5)

★奈良(1)

★新潟(6)

★広島(1)

★兵庫(2)

★福岡(1)

★福島(2)

★北海道(12)

宮城県(2)

★山梨(18)

★和歌山(1)

竹風堂 栗かの子

長野県小布施町の和菓子屋さん、竹風堂の栗かの子を頂きました。

6785鈴木の株主優待品のため、含み損を抱えた現時点で、25,000円相当の和菓子になってしまいます。(涙)

見かけはこんな感じ。

蓋開けてみた。

栗と砂糖しか使っていないので、シンプルすぎる。美味しいが自分には甘すぎる。活用方法を探す予定。

原材料名
栗(国産)、砂糖

愛媛FC 第28節 アウェイ鹿児島戦

試合を見ての感想です(第13節時の感想*マークとの比較)。

*久々にみるシケた試合。
→今節は、なかなかにこたえる試合になりました。

*一生懸命やってるんだろうけど、覇気が伝わってこないんだよなぁ。
→自陣でのボールのクリアの仕方が雑で、変なとこで相手に拾われて、嫌な感じがしてたから、結果は案の定という感じ。

*鹿児島、強いよ。琉球クローンだわ。これから5試合くらいは無双かも。
→苦手意識が付いてしまったかも。相性が悪い。ヴェルディ戦と同じパターンで、前半、いつもと違う布陣が機能しなくて、愛媛にコテンパにされて、後半からいつもと同じ布陣に戻して、愛媛をコテンパにやっつける。

・今節は、いつもと違う感じで得点が取れてしまって、拍子抜けしたまま、相手の変化に対応できなかった感じ。後半は、セカンドボールが全く奪えなかった。

・ただ、28分のシーンはJ2レベルではない感じがした。

・実力が拮抗していて、ムラがあるチーム同士が対戦すると、2点リードは、安心できない、恐るに足りない状態なのかも。

・ボールを繋ぐサッカーが、微妙なバランス(メンタル面、フィジカル面ともに)の上に成り立っているのでは、と思いました。ハマれば無双だが、相手の撹乱に負けずに、コンスタントにハメ続けるのは厄介なのではないか。

田子の月 最中

静岡県富士市の和菓子屋さん、田子の月の最中を頂きました。

見かけはこんな感じ。

袋から取り出してみた。

真っ二つにぶった切ってみた。餅を餡で包むパターン。

一口頂いてみた。
餅の食感のアクセントが効いていて、餡も美味しいです。
シンプルだからこその美味しさを味わえます。

原材料名
砂糖(国内製造)、小豆、最中皮(もち米)、還元水飴、もち米、麦芽糖、水飴、寒天/トレハロース

沢、花崗岩、南アルプス その1

1日目:青木鉱泉〜ドンドコ沢〜鳳凰小屋(5.5時間)
2日目:鳳凰小屋〜地蔵岳観音岳薬師岳〜夜叉神峠(9時間)

ドンドコ沢に沿って滝のオンパレード。
左上:南精進ヶ滝(落差40m)
右:五色滝(落差50m)
左下:白糸滝(落差50m)

鳳凰小屋
夕食はカレーライス。

朝食は弁当を注文。小屋の朝食は5:30からです。

地蔵岳(2,764m)
頂上直下の砂地。砂に足を取られ、体力を奪われる。

振り返ってみると、傾斜半端ない。

花崗岩オベリスク

絶景は続く。。。

愛媛FC 第27節 アウェイ千葉戦

試合を見ての感想です(第1節時の感想*マークとの比較)。

*愛媛、弱くはない
→この時よりもかなり熟成してるはず。

*長沼、上手い
→長沼だけでなく、みんな上手くなったよね。

*早くて低い弾道のロングフィード
→今節は、あまり見られなかったような。

*ヘディングによるパス
→勝ち越しの場面がヘディングでした。ヘディングが千葉の弱点だったのかもしれない。

*愚直に繋ぐサッカー
→今節まで、ずっと健在です。

*今日のような試合がコンスタントに出来るのであれば、降格はなさそう。目指せ、一桁順位。
→まさしく今節の試合内容からも同じ事が言えます。

・試合開始からパスミスが多く、受け手と出し手のイメージが合致しない場面が多く見られました。出し手側の丁寧さが足りなかったのかと。

・前半は、近藤も身体が重そうで、2点ビハインドはきついかなと正直思いました。

・クレーベは能力高いのに、演技する姿勢が気に入らない。スローでみると恥ずかしいレベル。

・選手たちは、2点差になる試合を多く経験し、リードした時に油断しない事、リードされた時に諦めない事を当たり前のように思えるようになったようにみえる。

・次節は、同じようなスタイルの鹿児島戦。前回対戦のリベンジを果たすことができるか楽しみです。

・チーム2点目の下川選手のゴールが、DAZN週間スーパーゴールに選ばれました。(長崎戦コピペ)

・岡本選手のプレーが、DAZN週間スーパーセーブに選ばれました。

DAZN週間ベストプレーヤーに、岡本選手と山﨑選手が選ばれました。